Report / Measurement

調査・計測サービス

調査・計測サービスとは

About Report & Measurement

様々な現場、あらゆる構造物を3Dレーザースキャナーを使用し、取得した3次元点群データを活用して調査します。
現状のリアルデータ(現実空間)をそのままデジタル化し、必要な距離や位置情報をもとにPCに保存することが可能です。
さらにデータを利用し、建築現場の経過調査や文化財、遺跡の記録作成・工場、プラントの現況調査・事故現場のドキュメント化などを製作することができます。

3次元計測の技術

3D Measurement Technology

時代とともに測量機器等も進歩し、より精度の高い計測が可能になりました。3Dレーザースキャナー計測を活用することにより、不可能を可能にする計測が実現できるようになりました。

  • 建築物計測

    点群データを用いて、建築物の計測から空間データを取り出すことが可能です。建築物だけでなく、その周辺の情報も集めることが可能になるため、建築工事における工事計画にも活用ができ、建築物の内部・外部どちらも維持と管理に利用できます。

  • 設備(プラント施設)計測

    プラント施設における設備は、全体の関連性をもって管理・計測が必要となります。古い施設の図面のデジタル化や更新工事における新設機器配管類の配置確認、干渉チェックおよび設計・検証・診断などにも活用できます。

  • 構造物計測

    構造物計測とは、道路・トンネル・橋梁・堤防・ダムなどの変異計測や管理・点検などに活用できます。時間とともに劣化する構造物は、安全を確保するためにも定期的な計測が必要とされます。

  • 文化財・遺跡計測

    歴史的建造物、文化財、遺跡は可能な限り現状を維持して未来に残していく必要があります。これらの遺産を3Dレーザースキャナーで計測・調査することによりデジタル化することで長期的な維持・管理・記録することができます。

  • 地形計測

    災害時に現場を計測・調査をいち早く行うことで、現状の情報を取得し、復旧に向けて早く動き出すための初動に活用。これにより、起こりうる事故や2次災害を予測したり危険な場所を特定します。

調査事例

Case

工場改修工事に伴う3Dレーザー計測現状データ保管測量

目的

工場敷地内を、3Dレーザー計測を実施し取得した点群データにより敷地内の既設構造物、設備、施設内道路、地形をデータ保管をし、工事計画の資料となる現況平面図等を作成する。

概要

  • ・3Dレーザースキャナー計測によるデジタルデータ化
  • ・工事計画に伴う現況平面図作成
  • ・取得点群データの電子納品

焼却設備更新工事に伴う3Dデータ計測現状データ保管測量

目的

内部設備の3Dレーザー計測を行い、得られたデータを活用して焼却設備更新工事における内部設備の既設機器搬出及び新設機器搬入ルートの干渉チェックを行い、工事作業手順の計画立案業務の効率化につなげる

概要

  • ・3Dレーザースキャナー計測によるデジタルデータ化
  • ・機器搬出入ルートの検討
  • ・既設設備との干渉チェック

詳しい内容は、ぜひお問い合わせ下さい。

0586-52-5990

営業時間:8:00~17:00(月〜土)